サカタのタネ オンラインショップ
トップページへ メールマガジン ショッピングご案内 よくあるご質問
国内最大手の種苗メーカー直営 約5,000点の品揃え 園芸愛好家のための専門ネット通販 【サカタのタネは2013年に創業100周年を迎えました】
買い物かごを見る
野菜のタネ、タネイモ、苗 花のタネと球根 草花と樹木の苗、鉢植 園芸用品・雑貨 食品(ヘルシー便)
TOPタネまきから始めよう!ペチュニア(1)
初めての方へ
商品検索
または
もっと詳しく検索  |  検索方法
サカタのタネの商品カテゴリー
商品分類から探す
カタログから探す
特集、企画

タネまきから始めよう!ペチュニア

草花をタネから育て、芽が出て、やがて花が咲く。このうえなく楽しいことです! 今回は、春から秋まで花を次々に咲かせ、私たちの目を楽しませてくれるペチュニアをご紹介します。花壇や庭からこぼれるように咲く花々が、カラフルに彩る春を待ち、タネまきから始めましょう。

  • pagenavi1
  • pagenavi2
  • pagenavi_next
ご注文はコチラの一覧から
※現在お取り扱い時期ではございません。

「花壇の女王」ペチュニアを楽しもう!

ペチュニア ペチュニア
ペチュニア ペチュニア

こぼれる魅惑の花 ペチュニア

 朝顔に似たカラフルな花を咲かせるペチュニアの故郷は南米で、ブラジルとアルゼンチンに野生している二つの種から生まれたものです。今日の園芸種は、原種にはなかった花色や花形など実にカラフルに発展し、欧米で「花壇の女王」と称されたほど、花壇やフラワーボックスになくてはならない草花です。

 さて読者の方の中には、ペチュニアの茎や葉に触れた時に、ベタベタした感触を経験された方もいるのではないかと思います。それは、中南米に生息するハキリアリというアリから、葉を切り取られないように茎葉をベタベタにし、アリを動けなくし、自分の身を守り生き延びる防衛手段であったわけです。このハキリアリが生息しない場所にだけ生える、茎葉がベタベタしない野生種が自生しているという報告もあります。

 ペチュニアの開発の歴史は古く、サカタのタネが戦前の1931年に発表した、100%八重咲き大輪花のF1品種は、サカタのタネの名を世界中に知らしめるきっかけとなった記念すべき品種でした。その後も開発の情熱は脈々と受け継がれ、次々と品種を開発してきました。雨に弱いと言われるペチュニアの花に耐雨性を持たせた「バカラ」シリーズは、今でも花壇の主役となっています。また、1株で80cm以上にもなるクリーピングタイプの「クリーピア」シリーズも耐雨性が強く、さらに改良・開発が続いています。

 ペチュニアには栄養系品種も多数ありますが、こぼれるような魅惑的な花を、タネから育てる楽しさは格別です。

ペチュニア ペチュニア

ワンポイントレッスン

◆いろいろな時期にタネをまいてみよう

 一・二年草と呼ばれる草花には春まき、秋まきと、タネをまく時期を分けていますが、植物の開花には日長と温度が大きく関わっています。主に春まき草花は短日で開花し、秋まき草花は短日のうちは栄養生長して、日が長くなると開花してきます。そのためそれぞれの草花にはタネまき適期があり、それらを支配しているのが、温度であり、日長であるわけです。逆にそれらの性質をうまく利用し、タネまき時期をずらして育苗し、本来の姿とはひと味違う花色、草丈、開花を楽しむこともできます。例えば、春まき草花で比較的低温に強いアスターやペチュニアは、秋まきすると株張りのよい草姿になり、翌春にはボリュームのある花をつけ、見事なものです。またケイトウやジニア、ペチュニアなどは6〜7月頃にタネをまくと秋に花を楽しむことができます。タネは決められた時期しかまけないと言うものではないので、思い思いの時期にタネをまいて、より一層園芸の楽しみを広げてください。

ご注文はコチラの一覧から
※現在お取り扱い時期ではございません。

Contents

JDMA
ページ上部へ戻る
|  サカタのタネTOP  |  プライバシーポリシー  |  利用規約  |  特定商取引法に基づく表記  |
Copyright(C) 2008 Sakata Seed Co.