新規会員登録するだけでお得にお買い物いただけます!詳しくはこちら
種から始める 夏のガーデニング応援キャンペーン実施中!

強力活性微生物で
完熟堆肥をつくろう!

バイオ21

未醗酵の堆肥を畑に施用すると、土の中で微生物活動によりアンモニアガスや醗酵熱が発生し、根や葉に障害を起こすことがあります。そのため堆肥は完熟なものを用いることをオススメします。完熟な堆肥をつくるためのよい素材、それがこの「バイオ21」です。「バイオ21」は有機物を速やかに醗酵・分解し、植物に有効な完熟堆肥を短期間でつくることができます。1袋(15kg)で約3tの堆肥がつくれます。バイオ21菌とは、バチルス菌の一種で、非常に高い有機物分解能力を持ちます。温度・エサ・酵素・水分などの条件がそろうと、急速に増殖・分解が進みます。分解速度が早いので、害虫(ハエ・ウジ虫)が湧きづらく、悪臭が少ないです。低濃度の石灰窒素や120℃の高温でも生き続ける高い耐久性を持ちます。自然界の微生物なので、安心安全に使用可能です。

【使用方法】
<腐葉土から堆肥をつくる>集めた落ち葉に対して、1割の米ぬかを混合し、十分に散水します。落ち葉100kgに「バイオ21」1~2kgを目安に、よく混合し積み上げます。10日に1度ほど切り返しを行い、1カ月半ほどで完熟の培養土が出来上がります。
【注意事項】
※堆肥は攪拌(かくはん)を怠ると嫌気状態になり、植物にとって有害物質が発生します。
※堆肥の製造期間は原材料や季節によって異なります。
※動物質と植物質の有機物を混合すると、バランスのよい堆肥ができます。
※在庫状況により納期が遅延する場合がございます。
お買い上げ8,000円以上で送料無料
※8,000円未満の場合、商品により送料が異なり複数口になることがあります。

×

カートに商品を追加しました

商品名
商品名
●●価格: 価格(税込)
数量:1