新規会員登録するだけでお得にお買い物いただけます!詳しくはこちら
登録無料 新規会員登録でお得なクーポンプレゼント!

植物に元気がない…それ「鉄」不足かも!野菜やお花を元気にする「鉄力シリーズ」

肥料も水もしっかりやっているのに元気がない…葉の色もなんだか白っぽくて薄い気がする。もしかしたら鉄不足かもしれません。そんなときは植物が吸収しやすい鉄を配合した「鉄力シリーズ」がおすすめです。光合成を活発にして野菜や草花を元気にします。

知ってましたか?植物には鉄分が必要不可欠!!

あなたの植物は大丈夫?

  • 最近元気がない
  • 葉っぱの色が薄い
  • 実の付きが悪い
  • あまりおいしくない

1つでも当てはまったあなたは… 鉄力(R)を使ってみてください!

なぜ鉄力(R)?

実は人と同じように植物も鉄分が不足しがち。鉄分が不足すると光合成が十分に行われず、栄養が植物体内に行き渡らなくなります。そこで「鉄力」で鉄分を補うことで元気な植物が育つのです。

  • 01.

    植物に「鉄力」を
    散布

    葉の色が薄く弱っている植物に散布する

  • 02.

    元気な緑の葉が
    増加

    不足していた鉄分が吸収されて、緑の葉が増える

  • 03.

    増えた緑の葉で
    光合成

    増えた緑の葉で光合成が行われて、栄養素がつくられる

  • 04.

    栄養満点で
    植物が成長

    栄養が植物体内に行き渡り、元気な植物が育つ

効果実例

いつもの肥料を「鉄力(てつりき)」にしたり、
水やりに「鉄力(てつりき)」を混ぜるだけでこんなに変わる!

  • じゃがいも 鉄力未使用/鉄力使用
    試験日
    2016年6月
    試験場所
    愛知県碧南市
    試験機関
    愛知製鋼(株)
  • ペチュニア 鉄力未使用/鉄力使用
    試験日
    2016年4月
    試験場所
    愛知県東海市
    試験機関
    愛知製鋼(株)
  • ※効果の一例です。ぜひ一度お試しください。
  • ※「鉄力あくあ」(液体)は、活力剤のため、別途、粒状肥料が必要になります。

植物の鉄の吸収メカニズム
について詳しく見る

土中の鉄分は、酸素などにより植物が吸収しにくい形で存在しています。
酸素と鉄が結びつくことで、土の中の鉄分は「溶けにくい鉄」=「植物が吸収しにくい鉄」になってしまっています。
植物は「溶けにくい鉄(3価鉄)」をなんとか吸収しようと進化して、自身の酵素の力を使って「吸収しやすい鉄(2価鉄)」にして取り込むことができます。

※イネ科植物だけは“ムギネ酸”と呼ばれる特殊な有機酸を使って“3価鉄”を吸収します。

  • 01

    土中の鉄分は「植物が吸収しにくい鉄」で存在しています。

  • 02

    植物は吸収しようと根から有機酸を分泌し、鉄分を溶かそうとしますが、溶かした鉄分は「3価鉄」といわれ、まだ植物が吸収できない種類の鉄の状態。

  • 03

    さらに植物は頑張って自らの酵素で、「2価鉄」といわれる吸収できる種類の鉄に変換しようとします。

  • 04

    「2価鉄」になって植物はやっと「鉄分」を取り込むことができました!

天候がよく、植物も元気に育っていれば上記の方法で2価鉄を取り込めますが、低温・低日照などの場合、酵素の力がうまく働かないため「2価鉄」をつくれず、鉄欠乏に陥ってしまいます。
また、肥料の三要素であるリン酸が土壌中に多かったり、石灰のまき過ぎなどによっても鉄欠乏が起きてしまうことがあります。
植物が土中の鉄分を吸収するには、多くの困難を乗り越えなければなりません。

鉄力(R)シリーズの特徴

鉄力あぐり(R)・鉄力あくあ(R) 吸収しやすい“2価鉄”を供給する画期的な資材!

冬場や、春先の寒の戻り、梅雨時などの日照不足で植物が鉄を吸収したくてもできないときに活躍するのが『鉄力シリーズ』です。

また、葉の色が薄くなっていなくても、定植時の活着の促進や、トマト、キュウリ、イチゴなどの実物野菜・果物の「なり疲れの軽減」にも効果があるので、収穫量の増加も期待できます。

「鉄力」を散布すると葉が緑色に回復!

  • 使用前
  • 使用後

植物は本来、根から養分を吸収するように進化してきましたが、実は葉からも養分を効率よく吸収することができます。
固形の『鉄力あぐり』は 、元肥・追肥として根からゆっくり吸収され、植物が丈夫に育ちます。液体の『鉄力あくあ』は、葉にかけることで植物に早く吸収されて速効性があります。そのため、『鉄力あぐり』と『鉄力あくあ』の併用もおすすめです。

商品別に特徴を見る

趣味・愛好家向き根から鉄を吸収

じっくり効く固体タイプ 鉄力あぐり(R)スーパー 窒素5・リン酸5・カリ5
鉄力あぐり(R) 400g、10kg

土に混ぜて元肥で

標準使用量を土に混ぜたのち、種まきや苗の植え付けを行ってください。

生育に合わせて追肥で

標準使用量を土の表面にまいてください。植物の様子を見ながら1~2カ月に一度お使いください。

おすすめポイント

  • 植物が不足しがちな鉄と肥料の三要素の窒素、リン酸、カリを含み、元肥、追肥として使える。
  • 使い方はとっても簡単。家庭菜園向き。
  • アミノ酸、骨粉も配合されてさらにパワーアップ!
標準使用量
※お使いの鉢の容量を確認して使用量を加減してください。
使用量の目安
鉢の種類 土の量 使用量
5号鉢 1L 2.5~3g
7号鉢 3.5L 8~10g
10号鉢 8.4L 20~25g
プランター(65cm) 13L 30~40g

※1号は直径約3㎝

趣味・愛好家向き葉から鉄を吸収

効き目が早い液体タイプ 鉄力あくあ(R)
鉄力あくあ(R)300ml、2L

水やり感覚で

弱った植物にもすぐ鉄分を供給できる希釈タイプです。

おすすめポイント

  • 梅雨時や秋雨、冬の曇天時など特に植物に元気がないときに葉から効率よく吸収!
  • ジョウロで薄めて葉にかけるだけの家庭菜園向き。
標準使用量
500~1,000倍希釈で5~10日に1回散布してください。
肥料成分
肥料成分は含まれておりません。

営利・生産者向き葉から鉄を吸収

効き目が早い液体タイプ 鉄力あくあ(R)F14
鉄力あくあ(R)F14 100ml、1L

水やり感覚で

葉面散布、灌水チューブからの施用どちらもOKです。

おすすめポイント

  • 「鉄力あくあ」よりも鉄の含有量が多く、微量要素も配合しているためさらに高い効果を発揮!
  • 5,000~10,000倍希釈のため長く使えて経済的な営利・生産者向き。
  • 葉緑素の生成(2価鉄+マグネシウムの効果)
  • 葉色/花色生成や果実の生育を促進
標準使用量
5,000~10,000倍希釈で15日間隔で施用します。

※アルカリ系資材との混用は避けてください。

肥料成分
2価鉄・マグネシウム・マンガン・ホウ素・亜鉛・銅・モリブデン

製造元はトヨタグループの愛知製鋼

トヨタグループ唯一の素材メーカーとして、
素材の限りない可能性を追求しています。
「鉄力シリーズ」に含まれる鉄分も
この素材にこだわっています。

鉄力(R)シリーズの商品ラインアップ

趣味・愛好家向き

営利・生産者向き

こちらの特集もおすすめ

  • 土が重くて悩んでいる方に朗報!1袋たったの6kg!?軽~い培養土
  • 土に混ぜるだけ!微生物の力で土が変われば、植物の育ちも変わる!「バイテク バイオエース®」
  • プロも必見!知っているようで知らない…効率的な土作りとは
  • 土作りの負担を軽減! 頼れるグッズ特集!!
  • プロも必見!知っているようで知らない酷暑対策
  • プロも必見!知ってるようで知らない台風・大雨対策 異常気象にも負けない!

×

カートに商品を追加しました

商品名
商品名
●●価格: 価格(税込)
数量:1