新規会員登録するだけでお得にお買い物いただけます!詳しくはこちら
新規会員登録またはパスワード再設定をされたお客様に500円引きクーポンプレゼント

冬に咲く!?不思議なチューリップ アイスチューリップ

近頃、テレビや新聞などで雪の中や冬の寒空のもと「チューリップが満開!」というニュースを目にしませんか?ご存知の通り、チューリップは4~5月に楽しむ春の代表的な花です。そのチューリップを冬から早春の屋外で楽しむことができると今注目を集めている「アイスチューリップ」をご紹介します。

冬に咲くチューリップの秘密

「アイスチューリップ」は、一度球根をポットの土に植え付けて根を成長させた後、そのポットごと大きな冷蔵施設に長期間入れます。その後、冷蔵施設から取り出し、自然の温度環境にすることで、チューリップに「春が来た!」と勘違いをさせて、花を咲かせます。

ふなばしアンデルセン公園(千葉県)のアイスチューリップ

最近では有名な公園を始め、さまざまな公共施設への植栽が広がりつつあります。

\おすすめポイント/

ポイント1

寒い冬に元気に咲く

花が少ない12~1月ころにチューリップを楽しむことができます。

ポイント2

長く咲き続ける

春咲きチューリップの1~2週間の開花に対して、アイスチューリップは低温時期に開花するため、1カ月以上咲き続けます。

ポイント3

栽培が簡単

芽出しポットでのお届けなので、植えてから約1カ月で開花します。

栽培のコツ

植え付けてから十分な水分を与えることで、
10~15℃の環境下では約3週間で開花します(開花までの日数は、この温度帯より低温では長くなり、高温では短くなります)。
また、植え付け時には根が比較的浅いので、根鉢を崩さないようにご注意ください。

お届け株 見本

1ポットに3球入りでお届け

ポットから出し、根鉢を崩さずに2cmくらい土がかぶるように植え付けると、
開花時に花茎が倒れにくくなります。水切れさせないように、
表土が乾いたらたっぷり水をやりましょう。
※ 品種により、お届け時の芽の生育状態が異なります。

お客様の声

(三重県 I様)

毎年購入しており、1m幅のプランターに15ポット植え付けました。
今年はうまく全部咲いて大変見事でした!
花は12月下旬頃から1月末まで、1カ月ちょっと咲きました。
ご近所の方が、「なんでこんな時期にチューリップが咲いているの!?」と驚かれ、今や冬には欠かせません。

商品ラインアップ