新規会員登録するだけでお得にお買い物いただけます!詳しくはこちら
種を含むご注文3,000円以上でクーポン進呈!まだまける種いっぱい!秋のガーデニング応援キャンペーン 2021年9月26日まで

夏には準備開始!ハボタンの葉の形・草丈・育て方を知って冬のガーデニングを楽しもう

冬~早春を彩る寄せ植えや切り花として古くから人気のハボタン。最近では多種多様なハボタンが登場し、冬の園芸の主役になりつつあります。和風の「お正月」イメージが強いハボタンも、アレンジ次第で華やかでかわいらしいイメージをつくることもできます。もちろんクリスマスにだってぴったり! そんなハボタンに待望のサカタオリジナルの新品種が登場しました!

ハボタンの葉の形と草丈を知ろう!

ハボタンの葉の形と草丈を知ろう!

葉の形で呼び方が違います。丸葉系 ちりめん系 切れ葉系 フリンジ系 その他(バニーなど)葉の形で呼び方が違います。丸葉系 ちりめん系 切れ葉系 フリンジ系 その他(バニーなど)
草丈ごとの品種分布図 切り花向き 高性:円(まどか) 楊貴妃、華美 クレオパトラ アンサンブル ブッシュ 花壇・プランター向き 中型:傘 ハーモニー つづみ ミックス 小型:バニー、ドレス ローブ、華 バラエティーミックス草丈ごとの品種分布図 切り花向き 高性:円(まどか) 楊貴妃、華美 クレオパトラ アンサンブル ブッシュ 花壇・プランター向き 中型:傘 ハーモニー つづみ ミックス 小型:バニー、ドレス ローブ、華 バラエティーミックス

迷ったらコレ!ハボタンのいち押し品種2選

迷ったらコレ!ハボタンのいち押し品種2選

発色のよさが魅力
「円(まどか)春の紅」 「円(まどか)春の宴®」

茎が真っすぐに伸びて、発色がよい

茎がしっかりしているため、寄せ植えと切り花の両方で楽しめます。
イベリス、白いシクラメンと合わせれば、より一層「円(まどか)春の紅」が引き立ち、キリッとした寄せ植えになります。
「円(まどか)春の宴」はシックなクリスマスのアレンジにもぴったり!

華やかな印象の「ドレス」シリーズ

鮮やかな発色と波打つ花弁が魅力

新色の「ピンクバイカラー」は同系色で花の形が異なるビオラ、アリッサム、シクラメンと合わせると、華やかなイメージになり色と形のグラデーションが楽しめます。寒さに強く丈夫で育てやすいコンパクトタイプなので、寄せ植えにもおすすめです。

切り花アレンジにも向く

「円(まどか)春の紅」 「円(まどか)春の宴(R)」「円(まどか)春の紅」 「円(まどか)春の宴(R)」

クリスマス

クールな雰囲気は、シックなクリスマスのアレンジにぴったりです。ゴールドやシルバーのクリスマスオーナメントとの相性もばっちり。

お正月

茎がしっかりしているため、切り花にもおすすめ!
すっと伸びる真っすぐな茎は、ユニークでおしゃれなアレンジ素材として重宝します。

ハボタンおすすめ品種2選の
ご購入はこちら

ハボタンの育て方・栽培方法

ハボタンの育て方・栽培方法

生育条件
  • 用途:花壇、鉢植え
  • 日当たり:日なた、半日陰
  • 耐寒性:
栽培管理
鉢サイズ・種類
ミニ作りにする場合は、直径9~10.5cmのポット、大株作りにする場合は、直径15~18cmの鉢。
植え付け
花壇やプランターに20~25cm間隔で定植。
POINTPOINT

寒地・寒冷地では、低温期が早く来るので、早めに種をまきましょう。寒さに比較的強いですが、発色後はマイナス3℃以下で凍害を受けるので、防寒対策が必要になります。

ハボタンの栽培カレンダー

ハボタンの栽培カレンダーハボタンの栽培カレンダー
栽培カレンダーを拡大する

種まき・発芽までの管理

発芽適温は20℃前後です。ハボタンの葉は秋の低温で発色するので、寒地では早く、暖地では遅く種をまくようにします。種まき用土は種まき専用用土や、赤玉土とピートモスを同量混ぜた土を使います。気温が高い夏にまくので、立枯病が出ないように、まき土は清潔な新しいものを使うようにしましょう。

種まき用の育苗箱やプランターに種まき用土を入れ、5cm間隔に溝を作り、溝の上に等間隔で種まき(すじまき)して3mmぐらい土をかけます。種まき後は風通しのよい半日陰に置くようにして、水を切らさないように管理すれば、3日ほどで発芽します。発芽がそろったら、速やかによく日の当たる場所に移します。

種まき・発芽までの管理 5cm間隔で溝を作り、種まき種まき・発芽までの管理 5cm間隔で溝を作り、種まき
POINTPOINT

半日陰で管理をしていると発芽した芽は薄黄緑色ですが、発芽がそろった後、日当たりのよい場所に移動すると、濃い緑色になります。

間引き・育苗・苗作り

発芽がそろい、日当たりに移動した後は、週に1度、液肥を与えて育てます。日当たり、風通しのよい場所で、乾かしぎみに管理すると、しっかりした苗に育ちます。葉が触れ合うようになると苗が徒長しやすくなるので、数回に分けて間引きます。

葉が触れ合うようになったら数回に分けて間引く葉が触れ合うようになったら数回に分けて間引く

本葉が2~4枚になったら、6~7.5cmポットに培養土、もしくは赤玉土6:腐葉土3:くん炭1を混ぜた土を入れて、1株ずつに植え替え(鉢上げ)をします。

本葉が2~4枚になったら1株ずつに植え替え(鉢上げ)本葉が2~4枚になったら1株ずつに植え替え(鉢上げ)

植え付け・植え付け後の管理

鉢上げから約30日後、本葉6~8枚になり、ポット内に根が回ったら植え付けます。ミニ作りにする場合は、直径9~10.5cmのポットに植え付けます。大株作りにする場合は、直径15~18cmの鉢に植えるか、花壇やプランターに20~25cm間隔に植えるようにします。

植え付け後、1週間ぐらいしたら、配合肥料を1株当たり軽くひと握り株元に置き肥として与えます。

本葉が6~8枚になったら20~25cm間隔で植え替え 配合肥料も置き肥にする本葉が6~8枚になったら20~25cm間隔で植え替え 配合肥料も置き肥にする
POINTPOINT

黄ばみ始めた下葉は、2週間に1度定期的に取り除くようにすれば、葉数の多いしまった株を作ることができます。ハボタンの葉は低温で発色します。よく発色するように、屋外の日当たりのよい場所で育てるようにしましょう。

ハボタンの育て方 栽培方法でよくある質問

ハボタンの育て方 栽培方法でよくある質問

  • ハボタンはいつ種まきをするとよいでしょうか。

    地域によって異なりますが、温暖地では7月中旬~8月中旬が種まき適期です。これより遅くなると、葉の枚数が少なくボリュームのない株になってしまいます。

    ハボタンは種まき時期に関係なく、晩秋に気温が下がってくると低温に反応して葉が赤や白に色づいてきます。早く種まきすれば低温に反応するまでの生育期間が長いため、葉の枚数が多くなり大きな株になります。

  • ハボタンを大きく作りたいです。15cmポットに植えたらよいでしょうか。今は9cmポットで、葉は12枚くらいです。丸葉系とちりめん系があります。ハウスがあるのでそこで育てるのがよいでしょうか。

    いきなり15cmポットに移植はしない方がよいでしょう。植え替えたときの新葉が不釣り合いに大きくなってしまいます。葉の枚数を多くしないとよい姿になりません。まず、12cmポットに移植しましょう。葉が20枚を超えたら15cmポットに移します。

    栽培環境はハウスで育てるより露地栽培がよいです。夜露を伴う冷え込みが葉の枚数を増やし、発色がよくなります。ちりめん系は乾いた北風に弱いので注意しましょう。

サカタのタネのハボタン 商品ラインアップサカタのタネのハボタン 商品ラインアップ

迷ったらコレ!ハボタンおすすめ品種2選

「円(まどか)春の紅」 「円(まどか)春の宴®」

「ドレス」シリーズ

小型のハボタン

中型のハボタン

高性のハボタン

ハボタン栽培におすすめグッズハボタン栽培におすすめグッズ

こちらの特集もおすすめ

  • 花壇、寄せ植え、ハンギング 楽しみ方いろいろ!花の女王 フォーチュンベゴニア(R)
  • サカタのタネといえばパンジー・ビオラ!育てやすく花色豊かな品種をご紹介
  • 国内最大手種苗メーカーが誇る サカタのタネ オリジナル球根
  • 花色、咲き方など選び方が自由自在!チューリップの育て方と選び方
  • 栽培のプロが育てた若い苗をお届け 秋のセルトップ苗・連結パック苗
  • 食香バラ(R)エディブルフレグランスローズ
  • 土が重くて悩んでいる方に朗報!1袋たったの6kg!?軽~い培養土
  • 袋の中身が確認できない培養土こそ安心の品質を!初心者も迷わない土の選び方
  • トウモロコシ原料で安心・安全 有機100%なのに効き目が早い!ネイチャーエイド
  • プロも必見!曇天続き・ベランダ・室内で植物に元気がない…そんなときは液肥で解決!

×

カートに商品を追加しました

商品名
商品名
●●価格: 価格(税込)
数量:1