新規会員登録するだけでお得にお買い物いただけます!詳しくはこちら
新規会員登録またはパスワード再設定をされたお客様に500円引きクーポンプレゼント

上を向いて咲く美しい花姿 ヒマワリビンセント

ヒマワリ「ビンセント」が生まれて、2019年で10年。当社の研究力を尽くした「丸弁」「上向き」「重ねのよさ」は世界中で高く評価され、皆さまに愛される花に成長することができました。ヒマワリ=夏の花のイメージですが、最近ではシックなオレンジ色は「秋ヒマワリ」として人気です。ハロウィーンとの飾り付けの相性も◎。種をまいてから約55日で開花する「ビンセント」。ヒマワリの定番品種として栽培してみませんか。

ヒマワリ ビンセントの3つの特徴

今までの品種は、横向きであったり、咲いた後はすぐに下を向いてしまったり、太陽の方にすっと向かって咲くことはありませんでした。
そこで、明るく元気に「上を向いて咲く」ように開発した品種が「ビンセント」シリーズです。

  1. 上を向いて咲く!

    花首が硬く、花壇に咲いているときも、花束やアレンジメントで使っているときも、いつも少しだけ上向きで愛くるしくこちらを見つめているようで、とても使いやすいです。

  2. 花粉が出なくて、ボリュームたっぷり!

    丸みを帯びた花弁は、重ねがよく、しっかりしていて枚数も多いので、ボリューム感があります。花粉も出ないので、切り花やアレンジにもおすすめです。

  3. 1シーズンに花を何度も楽しめる!

    種まきから約55日で花が咲く性質を生かして、1シーズン同じ場所に時期をずらして種をまくことで次々と花が咲き、長い期間花を楽しむことができます。
    まき時期の4月下旬~8月中旬の間に、鉢植えなら2~3回、広い庭なら4~5回に分けて種をまきます。

栽培のポイント

  1. 1

    緩効性肥料(ゆっくり長く効果のある肥料 )を培養土にまき、1カ所に固まらないようによく混ぜ込みます。

  2. 2

    鉢に土を入れ、鉢の上から3cmのところで土をならし平らにします。

  3. 3

    土に人さし指で穴を開けて、種の尖っている方を下に向けて植え付けます。そうすると真っすぐ芽が出るので茎が曲がらずに育ちます。穴の深さは約1cm。

  4. 4

    穴に2~3粒ずつ種を入れます。このとき種同士があまり触れないように注意します。

  5. 5

    土をふわっとかけて手のひらで押さえて、平らにします。

  6. 6

    種まきした日付をラベルに書いて差したら、鉢の底から水が出るまでたっぷり与えましょう。

  7. 7

    ポイント水やりのタイミング

    土の表面が白っぽく乾いてきたら鉢の下から水が出るくらいたっぷり与えます。

  8. 8

    芽が出て双葉がしっかり開いたら、ヒョロヒョロのものや小さな芽を間引きして、元気な芽を3~7本残します。ここで残す芽の数によって、花の大きさが決まります。

    3本残した場合・・・大きめサイズ
    5本残した場合・・・切り花におすすめのサイズ
    7本残した場合・・・丈が短め&やや小ぶりのサイズ

ハロウィーンの時期に咲かせるコツ

「ビンセント」は種まき後約55日で開花するので、8月初旬~お盆明けまでに種をまくとハロウィーンのころに開花が見込めます。露地栽培は草丈が高くなり過ぎる場合があるので、鉢栽培がおすすめです。

通常の作型 ハロウィーンの時期に咲かせるための作型

商品ラインアップ