新規会員登録するだけでお得にお買い物いただけます!詳しくはこちら
新規会員登録またはパスワード再設定をされたお客様に500円引きクーポンプレゼント

子どもでも育てやすいので、初心者にも人気のヒマワリ。ヒマワリと言っても、人の背丈を超えるほど大きくなるものから、プランターでも育てやすいコンパクトサイズまでさまざま。そんなたくさんの品種の中から育てたい場所やイメージにぴったりなヒマワリの品種探しをお手伝いいたします!

あなたにぴったりのヒマワリを見つけよう!

迷ったらコレ!タイプ別おすすめ品種

超コンパクトタイプ

世界最小クラス!

鉢植えで育てたい方に
ぴったりのヒマワリ

小夏

  • 特徴
  • ・草丈が低くコンパクトなので手軽に栽培できる
  • ・次々と花が咲き、長い期間観賞できる
  • ・花粉が出ないので、室内に飾っても汚れず花も長持ち

コンパクト & 分枝タイプ

次々に分枝して花付き抜群!

花壇でもコンテナでも
楽しめるヒマワリ

サンバズ

  • 特徴
  • ・株張りは約30cmと存在感抜群なので庭で映える
  • ・草丈は50~70cmぐらいで、大きくなり過ぎずかわいらしい
  • ・1株で10輪以上の花が次々に咲き、切り花でも楽しめる

高性 & 分枝タイプ

花壇に植えればボリュームたっぷり

枝分かれして
1株にいくつもの花が咲く!

モネのひまわり®

  • 特徴
  • ・鮮やかなレモンイエローで、花形の整った八重咲き品種
  • ・種まきから60日ほどで開花する早咲きで、分枝して数輪花が咲く
  • ・花粉が出ないので、室内に飾っても汚れず花も長持ち
  • ※花形や花色が異なるものが、少量開花する場合がございます

高性 & 1本立ちタイプ

切り花にぴったりなヒマワリ

枝分かれせずすっきりとした姿で
花を楽しめる!

ビンセント®

  • 特徴
  • ・斜め上を向いて咲くので花の形がしっかり見える
  • ・花弁の枚数が多く、ボリュームある花形
  • ・花粉が出ないので、室内に飾っても汚れず花も長持ち
  • ・まいてから5~7日で発芽、約55日で花が咲く
  • ・茎が固いため花壇でもピンと立ち、アレンジしやすい

巨大輪タイプ

景観用としておすすめ!

花径約25cmの
圧倒的な巨大輪!

ロシア

  • 特徴
  • ・草丈は約200cm
  • ・先端が明るい黄色をした、巨大な花が1輪咲く
  • ・大型の花壇や畑に向いた品種
  • ・ロシアで一般的に栽培されている品種

さまざまな品種を
育てたい方におすすめ
たのしみいっぱいミックス

色や大きさ、咲き方まで多彩な花をミックスした「バラエティーミックス」や、花粉が出ず分枝しない、切り花向きに改良された「切り花用ミックス」などをご用意しております。
さまざまな品種を育てたい方におすすめです。

意外と知らないヒマワリQ&A

  • ヒマワリの花は
    太陽の動きに合わせて花が動くの?

    残念ながらヒマワリの花は、1日のうちに太陽を追いかけるように東から西へ動くことはありません。
    実は、若くてぐんぐん伸びる時期は葉が日の光にあたるように先端の向きやつぼみの向きが変わったりすることがあります。しかし、花が咲くころには生長が止まっているので、日差しを遮ったりしないかぎり東を向いたままのことが多いです。

  • ヒマワリの花はどこの部分が花なの?

    ヒマワリは一般に「花」と呼ばれる部分がたくさん寄せ集まってできています。
    正確には、外側の黄色い花びらの部分の「舌状花(ぜつじょうか)」と、内側の花びらがない「管状花(かんじょうか)」という2種類の花の集まりがまるでひとつの花のように見えています。

  • ヒマワリの花言葉は何ですか?

    ヒマワリが太陽に向かって咲く姿から「あなただけを見つめる」「あこがれ」といった一途な愛を表現する花言葉や、「あなたは素晴らしい」「あなたを幸せにします」といったロマンチックな花言葉もつけられています。
    想いを寄せている人やお世話になっている人にヒマワリの花束を贈るのも素敵ですね。

  • ヒマワリの種は、ばらまくだけで育ちますか?
    種を2~3粒まくとあるのはなぜですか?

    ヒマワリの種は野鳥や小動物が好んで食べます。土に埋まっていないと発芽前に食べられてしまうので、土を深さ20cm程度耕して、種をまいたら1㎝ほど土をかけます。
    まくときに1粒まきでもよいのですが、芽が出ない種もあるので、一カ所に2~3粒まくのがおすすめです。

  • ヒマワリを切り花で楽しむ時の
    ポイントはありますか?

    まず、真ん中の花びらがない「管状花(かんじょうか)」があまり咲いていないものを選びます。葉がたくさんついていると、花持ちが悪くなるので、余分な葉は切り落としましょう。
    直射日光が当たらない、できるだけ涼しい場所に飾るのがおすすめです。花びんの水は毎日取り換えて、花びんの内側を洗うのも忘れないようにしましょう。

タイプ別商品ラインアップ

超コンパクトタイプ

コンパクト & 分枝タイプ

高性 & 分枝タイプ

高性 & 1本立ちタイプ

巨大輪タイプ

たのしみいっぱいミックス

ヒマワリ栽培におすすめのグッズ