新規会員登録するだけでお得にお買い物いただけます!詳しくはこちら
新規会員登録またはパスワード再設定をされたお客様に500円引きクーポンプレゼント

調理方法や収穫時期で品種を使い分け。家庭菜園で迷わない!ダイコンの選び方

「ダイコンを作りたいけれど、品種がたくさんあって、何を作ったらよいか分からない」と感じていませんか?
ダイコンの品種を選ぶコツは『育てやすさ』『調理方法』『収穫時期』の3つです。今回はダイコンの品種選びに役立つそれぞれの特徴と育て方を紹介します。
今年の秋はダイコン栽培にチャレンジしてみませんか?

家庭菜園初心者でも育てやすいダイコン

  • 冬自慢

    驚異の鈍感さ
    冬自慢

    天候不順の救世主

    温度・土質・肥料からの影響の受け方が他の品種より鈍く、環境の変化に順応しやすいのが特徴です。近年の天候不順になりやすい環境下でも育てやすいです。

    真っすぐに育ちやすく、葉が小さく広がらないので、狭いスペースでもたくさん育てられるのもポイントです。

    えぐみや青くささが少なく、肉質が緻密でとってもジューシー。火の通りが早く、味も染み込みやすいので、煮物がとにかくおすすめです。

    昨年の長雨や
    台風の増加などの
    異常気象の中でも
    丈夫に育つ!

    当社調べ 2019年11月 撮影地:千葉県
    他品種
    曲がりが多い
    冬自慢
    曲がりはほとんどなく
    丈夫に育っている
  • ころっ娘

    食べ切りサイズのミニダイコン
    ころっ娘

    鉢植えOK!

    根の長さが約20cmと短いので、畑を深く耕す必要がなく、ラクラク収穫できます。葉が小さいため通常のダイコンよりも間隔を空ける必要がないので、鉢植えでも育てられます
    歯切れのよい食感を生かしてサラダや漬物、大根おろし、炒め物、煮物と幅広い料理に使えて、しかも食べ切りサイズなので、いいことずくめのおすすめ品種です。

    ころっ娘

    短いのでラクラク収穫!

    家庭菜園初心者でも育てやすい
    『冬自慢』『ころっ娘』のご購入はこちら

調理方法でダイコンを選ぶ

  • 聖護院

    煮物におすすめ
    聖護院

    柔らかくて煮崩れしにくく
    立派に大きく育つ!

    根は白く淡い青首で、京野菜を代表する丸形ダイコンです。す入りが遅いため育てやすいです。

    甘みがあって肉質がきめ細かく、柔らかいのに煮崩れしにくいので、煮物料理に特におすすめです。

    煮物におすすめの
    『聖護院』のご購入はこちら
  • 雪美人

    薬味におすすめ
    雪美人

    プランター栽培OK!
    使い切りやすいサイズ

    種まき後、約1カ月半でスピード収穫できる根の長さが約10cmのミニダイコンです。
    品質が安定しているので周年栽培ができます

    早春~初秋の栽培では辛みが強く、秋~冬の栽培ではまろやかな辛みになります。

    薬味におすすめの
    『雪美人』のご購入はこちら
  • 紅化粧

    サラダにおすすめ
    紅化粧

    とれたては
    まるで果物の甘さと食感!

    す入りが遅く作りやすく、根の長さは20~25cm程度のミニダイコンです。年内から年明けまで収穫を楽しめます。

    甘みが強く、みずみずしさがあり、果物のナシのような味と食感があります。サラダや酢漬けなどがおすすめです。

    サラダにおすすめの
    『紅化粧』のご購入はこちら
  • 練馬沢庵大根

    漬物におすすめ
    練馬沢庵大根

    長くて柔らか! たくあんに好適

    夏から秋にかけて種をまく代表的なたくあん用の品種です。
    葉は横に広がり、根は純白で長く、中央部が多少ふくらみます。
    肉質はしまり、淡泊な味が漬物に適し、煮物にも利用できます

    漬物におすすめの
    『練馬沢庵大根』のご購入はこちら
  • 葉大臣

    葉ダイコンにおすすめ
    葉大臣

    葉物が作りにくい夏でも
    栽培できる

    生育が早く、葉の枚数が多いので、たくさんとれます。葉物が作りにくい夏でも栽培できるのでとても重宝します。

    毛が少なくて食べやすいので、炒め物、サラダ、汁物、あえ物、漬物など幅広い料理に利用できます。

    葉ダイコンにおすすめの
    『葉大臣』のご購入はこちら

収穫時期でダイコンを選ぶ

  • 夏の守

    秋に収穫
    夏の守

    厳しい暑さの中でもぐんぐん育つ

    夏の暑さ、豪雨、台風などの厳しい環境の中でもしっかり育つ品種です。病気や生理障害にも強いため作りやすいです。

    夏ダイコン特有の辛みや苦みが出にくいので、夏でもおいしい高品質なダイコンが作れます。

    秋に収穫する
    『夏の守』のご購入はこちら
  • ダイコン 冬しぐれ

    年末~節分ごろに収穫
    ダイコン 冬しぐれ

    畑で長持ち!
    家庭菜園にうってつけ

    畑で長持ちするので一度にたくさん収穫しなくてもよく、初めてでも作りやすいので家庭菜園におすすめの温暖地向け品種です。

    甘みが強くみずみずしい、味を極めた実力派!シャキシャキ感を生かして生で食べても、味の染み込みやすさを生かして煮物にして食べてもおいしいです。

    年末~節分ごろに収穫する
    『冬しぐれ』のご購入はこちら
  • 冬みねセブン

    年明け~春前ごろに収穫
    冬みねセブン

    長い期間畑に置けて
    必要なときに収穫できる!

    3月中旬までとう立ち(花茎が伸びること)が遅いため、長い期間畑に置いて、必要なときに必要な分だけ収穫することができるので家庭菜園におすすめです。
    寒さに強く、作りやすいダイコンです。みずみずしくおいしいのも特徴です。

    ※年明け~春前ごろに収穫するダイコンは寒地・極寒地の栽培には適しません。

    年明け~春前ごろに収穫する
    『冬みねセブン』のご購入はこちら
  • 天宝

    春~初夏ごろに収穫
    天宝

    とう立ちが極めて遅い
    春ダイコンの決定版

    葉がコンパクトにまとまり狭いスペースでの栽培が可能です。
    とう立ちが極めて遅く、す入りも遅く、肉質がよくおいしいので、家庭菜園におすすめです。

    ※春~初夏ごろに収穫するダイコンの種の販売は毎年11月下旬~翌年5月中旬です。

    春~初夏ごろに収穫する
    『天宝』のご購入はこちら

ダイコンの育て方

ダイコンの品種を選んだら後は育てるだけです。
「ダイコンを育てるのは難しそう」と感じている人もいるかもしれませんが、
以下の手順通りにやれば誰でも育てることができ、収穫適期を見分けることができます。
ぜひ、参考にしてみてください!
  • Step.01

    畑の準備・種まき

    2週間以上前

    1.完熟堆肥を1平方メートル当たり約2kg入れる

    2.苦土石灰を1平方メートル当たり2~3握り(100~150g)入れる

    3.深く(30~35cm)耕す

    1週間前

    1.化成肥料を1平方メートル当たり3握り(約150g)入れる

    2.深く(30~35cm)耕す

    種まき

    1.ビール瓶などで深さ1.5cmほどの穴を開ける

    2.種を5~6粒ばらまく

    3.1cmほど覆土する

    POINT

    よく腐熟した堆肥を使う!

    施用量は1平方メートル当たり苦土石灰は2~3握り(100~150g)、堆肥は約2kg、化成肥料(N:P:K=8:8:8)は3握り(約150g)とします。岐根や奇形根の原因になる未熟な堆肥は使わないようにします。また、土のゴロはよく取り除きましょう。
  • Step.02

    間引き

    1.種まき後2~3日で発芽

    2.子葉が完全に開いたとき3本立ちにする
    間引きは丁寧に!

    3.本葉2~3枚で2本立ちにする

    4.本葉6~7枚で1本立ちにする

    POINT

    残す株の根を傷めないように!

    間引きは適期を逃さずに行いましょう。子葉が整形のものは根形がよく、不整形のものは根の形が悪くなりやすいので、よく観察して間引きます。鳥などの被害にあわないように寒冷紗などでトンネル掛けをするのもよいでしょう。
  • Step.03

    追肥・中耕

    1.黄色線の部分が約1平方メートル
    4穴単位で1握り(約50g)の化成肥料をばらまく

    2.肥料と土を軽く混ぜる

    3.株がぐらつかないように株元に土寄せする

    POINT

    土寄せは丁寧に!

    間引き後は株がふらつきやすくなっていますので土寄せは丁寧にしましょう。肥料が株にかからないようにしましょう。
  • Step.04

    病害虫を防ぐ

    種まき前

    1.浸透移行性殺虫剤を種まき穴にばらまく

    2.種まき

    3.1cmほど覆土する

    4.反射性マルチ資材(シルバーストライプなど)を畝に張る

    アブラムシを防ぐ=ウイルスを防ぐ

    種まき後(高温期)

    防虫ネットなどをトンネル掛けをする

    ※単独、あるいは複数の資材を組み合わせて防徐を心掛ける

    生育中

    殺虫剤の散布

    POINT

    アブラムシ防除をしっかりと!

    病害で最も被害の大きいのはウイルス病と軟腐病です。ウイルス病を防ぐにはウイルスを媒介するアブラムシを防除する必要があります。地際部から腐って悪臭を放つ軟腐病が発生したら抜いて処分するしかありません。害虫ではアオムシ、ヨトウムシ、キスジノミハムシなどに注意します。
    薬剤を散布したら間引き菜は食用にはしないでください。
  • Step.05

    収穫

    収穫適期! 収穫適期!
    収穫適期!

    外葉が垂れ、中心部の葉が開いてきたときが収穫適期です!

    もう少し! もう少し!
    もう少し!

    葉全体が立っているときは食べることはできますが、まだ収穫適期ではありません。

    POINT

    収穫は適期に!

    ダイコンは品種によって種まきから収穫までの期間は異なります。収穫が遅れると根にすが入り、食味が悪くなってしまいます。
ダイコンの栽培に役立つグッズ
ご購入はこちら
商品ラインナップはこちらからCHECK
迷ったらこれ!

家庭菜園初心者でも育てやすいダイコン

調理方法でダイコンを選ぶ

煮込み料理におすすめ

薬味におすすめ

サラダにおすすめ

漬け物におすすめ

葉ダイコンにおすすめ

収穫時期でダイコンを選ぶ

秋に収穫

年末~節分ごろに収穫

年明け~春前ごろに収穫

春~初夏ごろに収穫

ダイコン栽培に役立つグッズ

こちらの特集もおすすめ

  • 初めてのダイコン栽培は冬自慢
  • 初心者でも簡単!使い切りサイズで家庭菜園におすすめ ミニダイコン
  • 『うまさ』と『作りやすさ』二刀流のイチオシ品種も 根の大きさだけじゃない!カブの選び方
  • トウモロコシ原料で安心・安全 有機100%なのに効き目が早い!ネイチャーエイド
  • 虫よけ・暑さ対策グッズ
  • 知っているようで知らない効率的な土作りとは
  • 曇天続き・ベランダ・室内で植物に元気がない...そんなときは液肥で解決!
  • 知っているようで知らない酷暑対策
  • 知っているようで知らない台風・大雨対策