新規会員登録するだけでお得にお買い物いただけます!詳しくはこちら
新規会員登録またはパスワード再設定をされたお客様に500円引きクーポンプレゼント

夏の花壇にお困りの方必見!猛暑に負けない草花特集

雨が続いたかと思えば急な猛暑がやってくる、「異常気象」がもはや異常ではなくなっている日本の夏。数年前のようには夏の花がうまく育たない…などと感じている方も多いのでは。そのような環境下の今こそ、夏のガーデニングでは品種選びがとても重要です。乾燥、湿気、暑さに本当に強いお墨付きの品種をご紹介します。

ニッポンの夏こそ、品種選びが最重要!

長雨からの急激な暑さなど、ここ数年の気象は時に植物にも大きなダメージを与えます。このような気候だからこそ、暑さに強い特性を持った品種を選ぶことがとても重要です。ここで紹介するジニア「プロフュージョン」、ペチュニア「バカラiQ」、ニチニチソウ「サンダー」、コリウス 「ゴリラJr.」などは梅雨~夏にかけても病気になりにくくメンテナンスが簡単で、きれいな花を楽しめるおすすめの品種です。

「お台場 おもてなしセレクション」で
高評価の
お墨付き品種

「お台場 おもてなしセレクション」は2015年7~9月に実施された、来る2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、競技会場や街並みの景観向上を目的とした、日本で育種・生産された品種を対象に、夏場の生育状況を審査するプロジェクト。この審査会で、過酷な生育環境でも立派に咲き続ける草花としても高く評価されました。

夏におすすめの4種! 栽培のポイント

ジニア 「プロフュージョン」

6月ごろに一度切り戻しておくことで、株が割れにくくなり、秋まで長く楽しむことができます。また、乾燥に強いので、乾燥気味に育てます。逆に水を与え過ぎてしまうと草丈が伸びやすくなり、株がまだ小さい時期に根腐れの原因になることもあるので要注意。

この商品を購入する

ペチュニア「バカラiQ」

日当たり、風通しのよい場所に置くようにします。ペチュニアは多湿を嫌うので有機質に富む肥沃で水はけのよい土壌を選びます。

この商品を購入する

ニチニチソウ 「サンダー®

根が育った分量によって葉と枝の数が増えて、それに応じて花数が決まるため、コンテナで育てるときは、株間をたっぷり取り、根がしっかり育つ土の量で植えるとたくさんの花を楽しめます。花壇に植栽するときは、土をよく耕し、通気性と排水性をよくしてから植え付けます。

この商品を購入する

コリウス 「ゴリラ®Jr.」

土がしっかり乾いてから水を与えることで、節間がぎゅっとまとまった草姿になります。逆に水やりの頻度を上げると、草丈高めのゆったりとした草姿に。植え付け時に軽くピンチ(摘心)をしてから植えると、株姿もまとまりやすくなります。コンテナ植えだけではなく、花壇植えも完全な水切れに注意します。

この商品を購入する

ジニア プロフュージョンシリーズ

ペチュニア バカラiQシリーズ

ニチニチソウ サンダー®シリーズ

コリウス ゴリラ®Jr.シリーズ

その他のおすすめ草花種

その他のおすすめ草花苗

こちらの特集もおすすめ

完成までに10年以上!”弱点”を克服したペチュニア「バカラiQ」
夏の暑さに負けない花 サンパチェンス
猛暑に負けない ガーデナー杉井さんが選ぶ ニッポンの夏を彩る草花
あなたの暮らしに、ワンランク上の彩りを。ビューティカル(R)
プロも必見!知っているようで知らない酷暑対策
手がるに気がるに緑のあるくらし
留守中もおまかせ!夏場の水やりグッズ特集